分析機器

水素ガス透過率測定装置

水素ガス透過試験装置

シート状ステンレス材料に温度と圧力を加えた水素ガスを透過させ、 透過した水素ガスをガスクロマトグラフ(検出器TCD)で定量分析する装置です。

特長

  • 水素透過セルはプログラム温調器を用い50°Cから550°Cで10°Cステップでの温度設定が可能です。
  • 上部及び下部チャンバの圧力は最大目盛1MPa、最小目盛-0.1MPaの連成計を用い0.02MPa刻みに圧力計測が出来ます。
  • ガスクロマトグラフへの透過水素ガスがより細かな導入が可能な八方切替バルブを装備しています
  • (株)島津製作所製のガスクロマトグラフを装備し10倍のプレアンプを内臓していますので高感度に水素ガスを測定します。
  • 各チャンバを10Pa以下に排気できる真空ポンプを装備しています

 

製品のPDFはこちら⇒PDFファイル

 

製品などについての不明点などは、お気軽にお問い合わせください

Webでのお問い合わせ
電話でのお問い合わせ
このサイトを広める